上越斎場を考える

活動日誌
11 /03 2016
 上越市居多にある上越斎場(火葬場)は、1985年の建設から30年が経過し、特に炉の老朽化が激しく、対策が求められています。
 そこで、市は現在の斎場の北側(びょうぶ谷野球場の南側)の約8000㎡の土地に新しい斎場を建設する計画を立て、概要を26日の市議会厚生常任委員会で報告しました。
 それによると、新しい斎場は火葬炉が7~8基(現在は4基)、動物炉1基(現在は汚物炉1基)、待合室7~8室(現在は5室)、多目的室1室などを備えた延床面積3000~4000㎡(現在は1367㎡)の建物にするとのことです。また、現在の斎場は取り壊して駐車場として活用する計画です。
 火葬炉の耐用年数は16年とのことで、現在の炉はすでに耐用年数をかなり過ぎています。どんなときにでも支障なく利用できる斎場はどうしても必要です。一刻も早い整備が待たれます。
 ところで、上越市には、このほかにも柿崎区の頸北斎場(2002年建設)もあります。その他に中郷区と板倉区の市民は妙高市の経塚斎場も利用しています。それぞれ、合併前からの歴史的な経緯や地理的条件のもとで利用していることから、新しい斎場が建設されたからとしても、単純に集約するわけにはいきません。ところが、26日の委員会では、「新斎場が竣工すれば、頸北斎場などは廃止したい」とのことです。そこで、「小規模施設を分散して建設できないか」「斎場がなくなることによる地域経済への悪影響をどう考えるのか」「現在の施設を維持する場合の費用計算はどうなっているか」「各区へは説明するだけでなく、地域協議会への諮問をすべきではないか」などの質問を展開しました。今後も継続して追及していきたいと思います。
 なお、市の計画では、平成28年度基本構想策定、平成31年度本体工事着手、平成33年度完成・供用開始としています。下に市が示した資料を掲載します。
20161103c
20161103b
20161103a

活動日誌
10 /31 2016
お待たせしました。
市内のゴミ処理施設(廃棄物処理施設・再資源化施設9の見学会を計画しました。
ふるってご参加ください。
ただし、先方との調整や保険加入手続きの関係上、参加申込みの締切はお守りください。
20161031a

ウジ虫入りでも少なけりゃOK?

活動日誌
09 /13 2016
 アメリカという国は恐ろしい国で、下の新聞の記事にある通り、経済効率優先で、食品への異物混入基準が目茶苦茶のようです。こんなことがまかり通っているようでは、恐ろしくてアメリカなかに行けません。
しかし、残留農薬基準や添加物の基準などは、自国内の基準よりも他国への輸出物の基準をかなり甘くしていますから、日本への輸出食品ときたら、想像するだけでもぞっとします。
もちろん、TPPが発効したら、こんな基準が日本にも押しつけられ、なにが入っているかわからないようなものを食べさせられることになります。
あ~~、やだやだ!!
20160913a

若者の悲劇

活動日誌
09 /04 2016
 二人に一人が非正規雇用、正規雇用なら死ぬほどの過重労働。今の若者が追いつめられている状況ですが、意外にそのことが理解されていないようです。
 どうしてなのかなと考えていましたら、次のようなヒントがありました。つまり、若者の現実を、大人がわからない、理解できないという悲劇があるということです。

【若者の現実を大人はわからない悲劇】
5つのよくある「若者論」
①労働万能説・・・・・・働けば収入を得られる
②家族扶養説・・・・・・家族が助けてくれている
③青年健康説・・・・・・元気で健康である
④時代比較説・・・・・・昔はもっと大変だった
⑤努力至上主義説・・・・若いうちは努力をするべきで、それは一時的な苦労だ

 これらは、世の中を客観的に見てみると、すべて間違っていることがわかるのですが、わかったような気になっている大人たちは、自分のごく狭い経験だけから判断して、上のことを信じ込まされているのではないでしょうか。
 これでは若者は救われません。
 もちろん、中にはこうしたことに当てはまる若者も少なくないでしょう。全ての若者が貧困にあえぎ、全ての若者が理不尽に来る示されているということではありません。しかし、苦しい状況に追い込まれ、そのことが無理解なために阻害されている若者がかなりの数にのぼっていることも事実です。しかも、この経済大国日本にあっては、そうした若者は一人でもいることは本来許されないことであるはずです。
 「自助努力」「自己責任」という言葉を聞くと、背筋が寒くなりますが、多くの場合は、すでに努力をし、すでにしっかり責任をとっている人に対して投げかけられている現実があるだけに、ますますいやになります。

クールビズはどこへ?

活動日誌
09 /02 2016
 昨日、9月1日は一日中本会議でした。
 前回定例議会委以降のいろいろな報告に続き、市長による今議会への提案議案の説明、それに対する議員からの質問(総括質疑といいます)がつづき、ほぼ終日の本会議でした。ま、おしりが痛くなるような一日です。
 さて、残暑が続きます。ところが、写真にあるとおり少なくない議員が上着を着け、中にはネクタイをしている人もいます。
 行政の担当者は、背中しか見えませんが、市長以下全員が上着ネクタイで完全武装です。
 「議会では、正式な服装で礼をただして対応したい」という姿勢なのかもしれませんが、外気温を考えると、そうした服装に対応するための空調にするため、どれだけエネルギーを使うのか、計り知れません。
 事実、シャツだけだった私は、寒気を感じ、腕に鳥肌が立つほどの室温でした。これでは「省エネを考えて、軽装で過ごすことを奨励するクールビズ」はどこふく風です。まったくやりきれません。

20160902a

 

ひららぎ哲也

 27年間の私立高校教員を経て、日本共産党の上越市議会議員になりました。
 学校での教育実践のモットーは「一人ひとりを大切に」。学校の枠を超えて、若者が夢と希望を語れるような上越市を作ろうと、市政改革に挑んでいます。
 明るい街作りは暮らし応援の市政から。市民が主役の上越市政に挑む「ひららぎ哲也」に大きなご支援を!