リストラってどういう意味?

活動日誌
12 /17 2008
 リストラというと、「合理化」という言葉と並んでまったく別の不名誉な意味に使われています。言葉に人格があれば、なんともかわいそうな言葉です。そもそもリストラはリストラクチャリング=再構築ということで、それまでの構造を見直し、新たな(発展的な)構造に組み替えることという意味です。それが、一部の心ない経営者に「会社の利益確保のために労働者を解雇し、残った労働者の労働密度を上げて、搾取を強める」という意味で使われるようになってきてしまいました。
 その犠牲になる労働者はたまったものではありません。勝手に首を切られて、生活の糧を突然失い、へたをすると住居まで失って路頭に迷うということになります。
 上越市内でも、いくつかの事業所で派遣労働者を中心に「リストラ」され、寒空に追い出されるという事態になっています。これは、アメリカ発の金融危機の下で、輸出がダメになったことの現れなのでしょうが、景気のいいときはどんどん人を入れた働かせ、生産が落ちると簡単に首を切るというやり方をしている経営のあり方に最大の問題があります。
 以前は「終身雇用制」が基本になっているもとで、業績のいいときも悪いときもあることを前提に、そのたびに人員配置を工夫するなどしながら、極端に人を増やしたり減らしたりということはなかったはずです。そういうと、「今はそんな状況じゃない。弱肉強食の世の中なんだから、やれることは何でもやらないと、他社に対抗できずにつぶれてしまうんだ。それが資本主義というものだ」という声が聞こえてくるようです。
 しかし、その資本主義の下でも、人が人として生きていくことを守るためにいろいろな規制を加えてきたのではなかったでしょうか。それを小泉氏が根本から壊してきてしまったことに最大の問題があるのです。純一郎の純は経営者だけが純粋に儲けるという意味の純だったのですね。
 いまこそ、働く者をしっかり守るための規制を元通りにして、「派遣禁止」「首切り禁止」といった手だてをすぐに取らないと、日本そのものがたいへんなことになります。

コメント

非公開コメント

ひららぎ哲也

 27年間の私立高校教員を経て、日本共産党の上越市議会議員になりました。
 学校での教育実践のモットーは「一人ひとりを大切に」。学校の枠を超えて、若者が夢と希望を語れるような上越市を作ろうと、市政改革に挑んでいます。
 明るい街作りは暮らし応援の市政から。市民が主役の上越市政に挑む「ひららぎ哲也」に大きなご支援を!