久々の街宣

活動日誌
10 /22 2008
 今日は、はしもと正幸衆院6区予定候補とともに、高田の市内を街宣に回りました。南高田駅地区の団地、中通町の団地、朝市、原信西城店前、イチコ高田西店前の5カ所で演説し、国政の問題を語って支援を訴えました。朝市を除いてどの場所も人通りが少なく、街の活性化の必要性を感じながらの宣伝でしたが、たまに通る人の中には手を振ってくれたり「がんばれよ」と声をかけてくださる方もあり、大いに励まされました。
 朝市ではパンフレットを配ったのですが、受けとって下さらない方はほとんどなく、とても気持ちよく配ることができました。
 明日は新潟での市田さんの街頭演説会です。参加者の組織がなかなか進まず、少々寂しいのが正直なところです。ブログをご覧の皆さんにも呼びかけます。今度の総選挙は、自公か民主かではなくて、政治の中身を変えることこそ大事、そのためにはどうしたらいいのか、市田さんがわかりやすく感動的に解き明かしてくれます。高田からは遠いので、バスを手配しました。高田駅前は3時15分頃の出発です。どうかふるってご参加下さい。
 写真ははしもと正幸さんの街頭演説です。
はしもと予定候補演説 は

コメント

非公開コメント

ひららぎ哲也

 27年間の私立高校教員を経て、日本共産党の上越市議会議員になりました。
 学校での教育実践のモットーは「一人ひとりを大切に」。学校の枠を超えて、若者が夢と希望を語れるような上越市を作ろうと、市政改革に挑んでいます。
 明るい街作りは暮らし応援の市政から。市民が主役の上越市政に挑む「ひららぎ哲也」に大きなご支援を!