下水道料金もこの秋から値上げ!!

活動日誌
03 /11 2015
 今日行われた建設企業委員会には、「下水道事業の健全化に向けた取り組みについて」というテーマでの報告が行われ、審議されました。
 それによると、上越市の下水道は、「使用料で回収すべき経費が、現在の使用料では不足している」として、10月1日から12.71%引き上げるということです。
 説明によると、「下水道法では、下水道事業の管理運営にかかる経費から、『公費で負担すべき経費』を除いた額を、使用料で回収すべきとされている。」「管理運営費は約76億9千万円、そのうち公費で負担すべき金額は約50億8千万円で、残りの使用料で回収すべき経費は約26億1千万円だが、現在は約23億円しか回収できていない。そこで、不足する約3億1千万円を、使用料の引き上げで回収するため、引き上げる。」としています。
 この結果、月に20立方メートル使用する世帯では、現行の3,188円から3,593円になります。
 この秋には、市内の公共施設の多くで使用料が引き上げられます。放課後児童クラブは、この春から利用料が1.5倍になります。上越市は、まるでアベノミクスのように市民に過酷な負担増が目白押しです。昨年の春は消費税の増税で、家計は大打撃を受けましたが、この秋にも再び大きな打撃を受けそうです。たまりません。

コメント

非公開コメント

ひららぎ哲也

 27年間の私立高校教員を経て、日本共産党の上越市議会議員になりました。
 学校での教育実践のモットーは「一人ひとりを大切に」。学校の枠を超えて、若者が夢と希望を語れるような上越市を作ろうと、市政改革に挑んでいます。
 明るい街作りは暮らし応援の市政から。市民が主役の上越市政に挑む「ひららぎ哲也」に大きなご支援を!