高井さんの作品を展示

活動日誌
01 /17 2015
 市役所木田第一庁舎1階のロビーに、高井進さんの作品が展示されています。
 合併10周年を記念して、上越市各地の土を原料として焼成したものとのことで、「作品の上部の鉢の14の条文は14市町村を表現し、中央部で一つにまとまりタイトルである方圓をモチーフにしている。特に北陸新幹線のトンネル工事に伴う泥土をリサイクルした材料“ユニ・ソイル”を用いた釉薬を使い、独特の風合いを出している。」とのことです。
 見るからに落ち着いたすばらしい作品です。是非ご覧ください。
20150116a

コメント

非公開コメント

ひららぎ哲也

 27年間の私立高校教員を経て、日本共産党の上越市議会議員になりました。
 学校での教育実践のモットーは「一人ひとりを大切に」。学校の枠を超えて、若者が夢と希望を語れるような上越市を作ろうと、市政改革に挑んでいます。
 明るい街作りは暮らし応援の市政から。市民が主役の上越市政に挑む「ひららぎ哲也」に大きなご支援を!