生活保護リアル

活動日誌
09 /22 2014
 みわよしこさんの本、「生活保護リアル」を読みました。まさにリアルに書かれています。「生活保護受給者は、税金で遊んで暮らしている」などというとんでもない誤解をしている方にぜひ読んでもらいたい本です。
 残念ながら、生活保護行政をこれからいかに切り開いていくか、その永時的展望までは示されていませんが、少なくとも本当の実態と、その背景はよくわかります。
 心ある方は、ぜひお読みください。
20140922a

コメント

非公開コメント

ひららぎ哲也

 27年間の私立高校教員を経て、日本共産党の上越市議会議員になりました。
 学校での教育実践のモットーは「一人ひとりを大切に」。学校の枠を超えて、若者が夢と希望を語れるような上越市を作ろうと、市政改革に挑んでいます。
 明るい街作りは暮らし応援の市政から。市民が主役の上越市政に挑む「ひららぎ哲也」に大きなご支援を!