エコプン

活動日誌
05 /14 2014
 上越市は、回収したし尿等を発酵処理して、エコプンという商品名で販売しています。
 ところが、せっかくの有機肥料なのに、その販売所がわかりにくいという声があがっています。
そこで、このたび市に問い合わせました。説明によると、昨年度のエコパークの改修で、エコプンが大量に出たので、まもなく広く周知したいとのことです。ただ、「広報じょうえつ」への掲載になじむかどうかという点もあり、広報の仕方を検討しているともありました。
 いずれにしても、遅くない時期に市民向けにお知らせがあると思いますので、ご期待をお願いいたします。
    詳しくはここをクリック
 なお、下水汚泥由来肥料は、アメリカなどではオーガニック作物には使用制限があるとのことですので、その点も聞いてみました。このエコプンは、下水発酵肥料であり、法律や環境基準などの制限を満たしているので、何にでも安心して使うことができるとのことでした。ぜひ大いにお使いください。(ただし、臭いあるとのことですので、社会常識をわきまえた使い方をお願いします)

20140514a

コメント

非公開コメント

ひららぎ哲也

 27年間の私立高校教員を経て、日本共産党の上越市議会議員になりました。
 学校での教育実践のモットーは「一人ひとりを大切に」。学校の枠を超えて、若者が夢と希望を語れるような上越市を作ろうと、市政改革に挑んでいます。
 明るい街作りは暮らし応援の市政から。市民が主役の上越市政に挑む「ひららぎ哲也」に大きなご支援を!