スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メーデー

活動日誌
05 /01 2014
 今日は5月1日、労働者の祭典、メーデーです。1886年5月1日に合衆国カナダ職能労働組合連盟が、シカゴを中心に8時間労働制要求の統一ストライキを行ったのが起源とされていますので、この日に意味があると思いますが、聞くとことによると、連合系の労組は一昨日までに集会などをやってしまったとか。休日を選んで参加しやすいようにするという配慮なのかも知れませんが、年に1回の働くものの祭典こそ休日にしようという働きかけをする方が筋ではないでしょうか。
 ともあれ、今日は集会とでも行進を行い、私も参加してきました。雨も心配されたので、カッパを着て参加したのですが。結局はほとんど降らず、恵まれた天候でした。
 最近はデモもあまりないせいか、通りでは怪訝な顔をして見る市民や、何の誤解か罵声を浴びせる若者がいたりして、少々不思議な光景もありましたが、多くの市民は好意的な視線だったと思います。
 小学生や中高生は、参加者に盛んに手を振ったり、声を上げたりと、純粋に感じているようでした。この子らが働くようになるときには、非正規ばかりの労働者いじめの労働環境が少しでも是正されるよう、がんばる決意を新たにしました。
 なお、集会で配られた全労連の最低賃金に関するリーフレットが、実に参考になりましたので、下にその一部を掲載します。

20140501a

20140501b

20140501c

コメント

非公開コメント

ひららぎ哲也

 27年間の私立高校教員を経て、日本共産党の上越市議会議員になりました。
 学校での教育実践のモットーは「一人ひとりを大切に」。学校の枠を超えて、若者が夢と希望を語れるような上越市を作ろうと、市政改革に挑んでいます。
 明るい街作りは暮らし応援の市政から。市民が主役の上越市政に挑む「ひららぎ哲也」に大きなご支援を!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。