青田川に鮭が遡上

活動日誌
11 /29 2013
 今朝、近所の方にわざわざ声をかけていただきました。なんと青田川に鮭が遡上し、橋の下にうようよいるというのです。さっそく我が家からすぐの橋まで出かけ、川縁まで降りてみると・・・・・いましたいました。見たところ10尾近い鮭が橋の下にただずんでいます。すでに産卵が終わったのでしょうか。大仕事を終えて、ひとときの休息なのか、安らかな眠りの刻を待つのみなのか。
 近所の方の話では、こうして青田川に鮭を見るのは実に50年ぶりとのこと。それも、最後は1尾程度になってしまったような話です。その後、多くの方の努力で、青田川がきれいになり、今日のこの日を迎えたということでしょう。特に我が家の少し下流から関川の合流点までは、「青田川を愛する会」のみなさんがたいへんご苦労されてきました。そうした努力がこうして実を結んだことと思います。
 これからも、毎年こうして遡上してくる鮭の姿に会いたいものです。
20131129a

20131129b

20131129d

20131129e

20131129f

20131129g

20131129h

コメント

非公開コメント

ひららぎ哲也

 27年間の私立高校教員を経て、日本共産党の上越市議会議員になりました。
 学校での教育実践のモットーは「一人ひとりを大切に」。学校の枠を超えて、若者が夢と希望を語れるような上越市を作ろうと、市政改革に挑んでいます。
 明るい街作りは暮らし応援の市政から。市民が主役の上越市政に挑む「ひららぎ哲也」に大きなご支援を!