参院選です

活動日誌
07 /08 2013
参院選の公示から4日たちました。この間、宣伝カーの運行計画やポスター貼りなど、実務で忙殺され、みなさんへの訴えが遅くなってしまいました。あらためて訴えます。
 この選挙で日本共産党は、安倍政権の暴走政治にきっぱり対決し、抜本的な対案をしめしてたたかいぬく決意です。まずもって、日本共産党への大きなご支援を心からお願い申し上げます。
 さてみなさん、「アベノミクス」でくらしは良くなっていますか? 良くなるどころか、給料や年金はまったくふえず、その一方で物価はあがって負担はふえるばかり…。「アベノミクス」の正体がはっきりしてきたのではないでしょうか。「アベノミクス」でうるおっているのは大企業や大金持ちだけではありませんか。そのうえ、消費税の大増税などとんでもありません。
 日本共産党は、消費税の増税をやめさせ、賃上げと安定した雇用を増やし、国民の所得を増やして景気をたてなおすために全力でがんばります。大企業の内部留保、260兆円のほんの1%を活用するだけで、月1万円の賃上げが可能です。中小企業のみなさんを本格的に応援することとあわせて、ヨーロッパでは実現している最低賃金・時給1000円に引き上げさせます。こうしてこそ、本格的な景気回復への道が開かれるのではないでしょうか。

20130708a

コメント

非公開コメント

ひららぎ哲也

 27年間の私立高校教員を経て、日本共産党の上越市議会議員になりました。
 学校での教育実践のモットーは「一人ひとりを大切に」。学校の枠を超えて、若者が夢と希望を語れるような上越市を作ろうと、市政改革に挑んでいます。
 明るい街作りは暮らし応援の市政から。市民が主役の上越市政に挑む「ひららぎ哲也」に大きなご支援を!