あきれました

活動日誌
06 /13 2013
ツイッターで好き勝手を放言しているとされる総務省キャリアの水野靖久・復興庁参事官(45)。やはり、キャリアという人たちは自分たちだけが偉くて、愚かな臣民どもを見下しているのでしょうか。少なくともこんな人たちに行政をまかせてはいられません。

役人の放言

コメント

非公開コメント

ひららぎ哲也

 27年間の私立高校教員を経て、日本共産党の上越市議会議員になりました。
 学校での教育実践のモットーは「一人ひとりを大切に」。学校の枠を超えて、若者が夢と希望を語れるような上越市を作ろうと、市政改革に挑んでいます。
 明るい街作りは暮らし応援の市政から。市民が主役の上越市政に挑む「ひららぎ哲也」に大きなご支援を!