続報 さらに重大な問題が

活動日誌
06 /04 2013
さきほどの続報です。なんと、もっと重大な部品の不具合も判明しました。

20130604c
この写真は、ブレーキの部品です。この部品がそりの底にさかさまについていて、ブレーキレバーを引くと、黒く見えるゴムの部分がコースに押しつけられて停まるしくみです。ところが、このゴムの部分がとことんまですり減ったものを使わざるを得ないという状態になっているとのことなのです。新品の部品のゴムの厚みは、写真のものの数倍あるとのことで、これもメーカーの交換規定をかなりオーバーしていることが予想されます。

20130604d
なによりも、この写真が重大です。これは、ゴムがすり減って、このままでは縁の金属部分が直接コースを削ってしまいかねないということで、現場の運転員の方がやむにやまれず金属の縁をグラインダーでけずってゴム部分を確保して使っているというしろものです。もちろん、これ以上使うとゴムが完全になくなり、金属板でコースを破壊してしまうことになります。これだけゴムの厚みがなくなっている訳ですから、ブレーキの性能も極端に悪くなっています。中には、いくらレバーを引いてもゴム部分がコースにあたらず、まったくブレーキがきかないというそりもあるそうで、まさに決死の滑降になりかねません。現場からは、再三部品の購入を求めても、管理している部署は最低限の安全確保に必要な購入すらしていないのが現状と言います。いったいどうなっているのでしょうか。

コメント

非公開コメント

ひららぎ哲也

 27年間の私立高校教員を経て、日本共産党の上越市議会議員になりました。
 学校での教育実践のモットーは「一人ひとりを大切に」。学校の枠を超えて、若者が夢と希望を語れるような上越市を作ろうと、市政改革に挑んでいます。
 明るい街作りは暮らし応援の市政から。市民が主役の上越市政に挑む「ひららぎ哲也」に大きなご支援を!