今年初の街宣

活動日誌
01 /03 2013
 夕べからの雪で、朝から高田は真っ白です。その雪をついて、今朝は今年初の街頭宣伝に出かけました。
 あちらこちらに雪かきをする人が出ています。そうした方からも手を振ってもらったり、励ましの言葉をかけてもらったりと、元気の出る街宣でした。
 「昨年末の総選挙では、自民党の議席が増えました。しかし、これは国民の思いが反映されない小選挙区制のせいで、自民党が国民に信任されたわけではありません。国民の多くは、原発ゼロ、TPP参加反対、消費税増税ストップです。日本共産党と平良木哲也は、引き続きみなさんとともに原発ゼロ、TPPストップ、消費税の増税ストップをめざして、全力を尽くします。大きなご支援をお願いいたします。」と訴えました。
20130103a

コメント

非公開コメント

ひららぎ哲也

 27年間の私立高校教員を経て、日本共産党の上越市議会議員になりました。
 学校での教育実践のモットーは「一人ひとりを大切に」。学校の枠を超えて、若者が夢と希望を語れるような上越市を作ろうと、市政改革に挑んでいます。
 明るい街作りは暮らし応援の市政から。市民が主役の上越市政に挑む「ひららぎ哲也」に大きなご支援を!