ファミリー綱引き

活動日誌
11 /19 2012
 昨日は「上越市ファミリー綱引き」でした。もちろんそのほかにもたくさんのイベントがあり、新潟市での志位さんの演説会では、二千人の聴衆が政治改革の展望を語りました。そのことは後ほど書きます。
 綱引きでは、わが町内会は昨年の優勝に引き続き準優勝と上位入賞を果たしました。なによりも、出場した3チームすべてが予選リーグを突破し、決勝トーナメントにすすんだことは特筆に値します。
 日頃の練習の成果が現れました。町内住民の帰属意識が高まった瞬間です。これからももっともっと仲良く助け合って生きていける地域コミュニティーになればと思います。
20121119a

20121119b

20121119c

コメント

非公開コメント

ひららぎ哲也

 27年間の私立高校教員を経て、日本共産党の上越市議会議員になりました。
 学校での教育実践のモットーは「一人ひとりを大切に」。学校の枠を超えて、若者が夢と希望を語れるような上越市を作ろうと、市政改革に挑んでいます。
 明るい街作りは暮らし応援の市政から。市民が主役の上越市政に挑む「ひららぎ哲也」に大きなご支援を!