樋口良子さんのお父様ご逝去

活動日誌
09 /18 2012
 今日は前市議会議員樋口良子さんのお父さんの葬儀で、柏崎市に行ってきました。
 樋口さんは、数年前から同居しているお父さんの介護のため、この春議員を引退しました。お父さんが、ご自宅である柏崎市の礼拝での暮らしを望んだためで、この6月からそちらでご両親とともに暮らしておられたものです。
 お父さんも、3ヶ月ちょっととは言え、人生の最後をご自身の望むご自宅で過ごすことができて、ご満足だったのではないでしょうか。
 葬儀は真言宗の宗旨に則って行われ、鉦や拍子木にシンバルのようなものまで鳴り響く賑やかなもので、あらたな旅立ちを寂しいものにしまいという思いが込められているような気がしました。また、その土地土地の風習の違いも感じられる葬儀でした。
 良子さんは、これからさぞ寂しくなることでしょう。しかし、今日は気丈にしておられたお母さんとともに、力を合わせて落ち着いた暮らしを続けていってほしいものです。故坂井小一郎様のご冥福をお祈りいたします。

コメント

非公開コメント

ひららぎ哲也

 27年間の私立高校教員を経て、日本共産党の上越市議会議員になりました。
 学校での教育実践のモットーは「一人ひとりを大切に」。学校の枠を超えて、若者が夢と希望を語れるような上越市を作ろうと、市政改革に挑んでいます。
 明るい街作りは暮らし応援の市政から。市民が主役の上越市政に挑む「ひららぎ哲也」に大きなご支援を!