金谷地区振興協議会が市に要望

活動日誌
10 /27 2011
 本日午後、金谷地区振興協議会は、金谷地区のいろいろな暮らしの要望について、来年度の市の予算に反映させてほしいと、要望書を提出しました。
 応対に当たったのは、野口自治市民環境部長。振興協議会の田村会長からの要望書を手渡されると、「真剣に見て、市長と担当課に伝え、結果は来年の春にお知らせする」と答えました。
 振興協議会からは、田村会長以下4名の役員が参加したほか、顧問として金谷区在住の岩崎議員と私が参加し、席上私は、「どの要望項目も地域住民にとって切実なものばかり。ぜひ実現を図ってほしい。継続要望の項目が多いが、本来なら実現に伴って要望項目が年々減るような姿が当たり前。なんとか力を尽くしてほしい」と訴えました。

 要望書の受け渡しをする田村会長(手前)と野口部長
20111027a

詳しい要望項目は、後ほど紹介します。

コメント

非公開コメント

ひららぎ哲也

 27年間の私立高校教員を経て、日本共産党の上越市議会議員になりました。
 学校での教育実践のモットーは「一人ひとりを大切に」。学校の枠を超えて、若者が夢と希望を語れるような上越市を作ろうと、市政改革に挑んでいます。
 明るい街作りは暮らし応援の市政から。市民が主役の上越市政に挑む「ひららぎ哲也」に大きなご支援を!