年度末と選挙と議会と

活動日誌
03 /06 2011
 いろいろ重なってきました今日この頃です。分身して、一度の三人分の仕事がしたいと思うのは勝手でしょうか。他の人を見ていると、どの仕事も着実にこなしていて、そつがなく過ごしているようです。やはり、要領が悪くて、仕事が愚図なのでしょうか。頭をきっちりと整理して、今何をすべきかを見失わずにやって行かなくちゃいけませんね。

コメント

非公開コメント

ひららぎ哲也

 27年間の私立高校教員を経て、日本共産党の上越市議会議員になりました。
 学校での教育実践のモットーは「一人ひとりを大切に」。学校の枠を超えて、若者が夢と希望を語れるような上越市を作ろうと、市政改革に挑んでいます。
 明るい街作りは暮らし応援の市政から。市民が主役の上越市政に挑む「ひららぎ哲也」に大きなご支援を!