大雪です

活動日誌
01 /27 2011
 市の大雪災害警戒対策本部は、昨日第2回目の会議を開き、高田地区のいっせい雪下ろしなどの方針を決めました。いっせい雪下ろしは昨年に続きます。昨年は少々遅きに失した感がありましたが、今年は早めの対応のようです。道路除雪も確実に進んでいるようです。
 しかし、この間の降雪で道路は両側にかなり高い壁ができていてこれ以上脇にどけることができなくなっているほか、排雪場所が不足してきていて、どこにもやってみようがないという状況も生まれつつあるようです。
 市当局も連日24時間体制で対策に取り組んでいますが、とにかく晴れ間を待つのみです。
 なお、市の予想では、29日・30日にかけて冬型が強まり、大雪となる可能性があるとのことで、予断を許しません。雪国とはいえ、いい加減にしてほしいというのが市民の皆さんの本音でしょう。
 この間、雪による犠牲者も出ています。死亡2名、重傷10名、軽傷11名、建物の倒壊14件(すべて非住家)です。犠牲になられた方には心から哀悼の意を表します。

コメント

非公開コメント

ひららぎ哲也

 27年間の私立高校教員を経て、日本共産党の上越市議会議員になりました。
 学校での教育実践のモットーは「一人ひとりを大切に」。学校の枠を超えて、若者が夢と希望を語れるような上越市を作ろうと、市政改革に挑んでいます。
 明るい街作りは暮らし応援の市政から。市民が主役の上越市政に挑む「ひららぎ哲也」に大きなご支援を!