子どもたちの姿に元気もらう

活動日誌
10 /31 2010
 先週の日曜は地元黒田小学校の文化祭。子どもたちの音楽発表は各学年とも趣向を凝らした出し物で、子どもたちの元気な姿が保護者を中心とした観客の笑顔をよんでいました。
 全校児童がそろった全員合唱はさすがに迫力があり、一人ひとりの子どもたちの生き生きとした表情に、日頃のストレスもぶっ飛んで、とにかく元気をもらいました。

迫力の全員合唱 (わざとぼかしてあります)
101031b

一人ひとりの表情のいいこと! (わざとぼかしてあります)
101031a

作品展には保護者や地域の人の作品も これは地元町内会長会の会長さんの作品
101031c

コメント

非公開コメント

ひららぎ哲也

 27年間の私立高校教員を経て、日本共産党の上越市議会議員になりました。
 学校での教育実践のモットーは「一人ひとりを大切に」。学校の枠を超えて、若者が夢と希望を語れるような上越市を作ろうと、市政改革に挑んでいます。
 明るい街作りは暮らし応援の市政から。市民が主役の上越市政に挑む「ひららぎ哲也」に大きなご支援を!