山の花

活動日誌
08 /26 2008
 用事があり、長野県境を越えた山の中に入る機会がありました。あいにくガスがかかっており、見通しはよくなかったのですが、道ばたのそこここに可憐な花が咲いており、楽しむことができました。同行した方は、どんな花でも名前から特徴まですらすらと出てくるような博学な方でしたが、こちらはまったくわからず、名前を聞いても「へえ~」と思うだけ。それでもきれいなものは素直に感動しました。
c   a
b

 さて、9月議会の議会運営委員会が開かれ、議事日程などが確認されました。今回は私にとっては初めての長丁場の議会です。委員会の審議事項もたくさんありますが、何よりも市民生活に密接している市財政を検証する決算議会ですので、気を引き締めて臨みたいと思っています。決算を見るには前提になる予算からということで、昨年の3月議会の委員会記録を読み始めました。何事も勉強です。

コメント

非公開コメント

ひららぎ哲也

 27年間の私立高校教員を経て、日本共産党の上越市議会議員になりました。
 学校での教育実践のモットーは「一人ひとりを大切に」。学校の枠を超えて、若者が夢と希望を語れるような上越市を作ろうと、市政改革に挑んでいます。
 明るい街作りは暮らし応援の市政から。市民が主役の上越市政に挑む「ひららぎ哲也」に大きなご支援を!