思わぬ満開の桜

活動日誌
04 /11 2010
 昨日は町内の父ちゃん(兄ちゃん?)たちの会のお花見でした。お花見といっても、外で桜の木の下で、ということはここ最近できずに来ています。今年も町内会館の中でのお花見でしたが、そこは実行力のある人達の集まりです。玄関には満開の桜が用意されていました。
 聞けば、町内の公園で、枝が人家にまで張りだして剪定された桜の枝を持ち帰って、これまで1週間丹誠込めて花を咲かせたものであるとか。実に見事な咲き具合でした。ぜひご覧あれ。

sakura1

sakura2

sakura3

コメント

非公開コメント

ひららぎ哲也

 27年間の私立高校教員を経て、日本共産党の上越市議会議員になりました。
 学校での教育実践のモットーは「一人ひとりを大切に」。学校の枠を超えて、若者が夢と希望を語れるような上越市を作ろうと、市政改革に挑んでいます。
 明るい街作りは暮らし応援の市政から。市民が主役の上越市政に挑む「ひららぎ哲也」に大きなご支援を!