すごい大雪・・・

活動日誌
01 /14 2010
 朝起きてびっくり。今朝はしんぶん赤旗の配達の日だったので5時前に出かけようと試みましたが、車庫から車が出ませんでした。車庫前につもった雪を無理矢理ラッセルしたところ、結局にっちもさっちもいかなくなり、危うく亀になる寸前。なんとか周りの雪を掘り出して、やっとのことで車庫に元通り収めて、一時あきらめてしまいました。
 わが家の前の市道は、その後、6時頃になって除雪されたので、それを待って出かけたのですが、ふだん1時間程度で足らずで終わる配達が2時間近くかかってしまいました。
 高田の雪はあたりまえのはずが、このところの小雪に慣れっこなってしまって、急に降られるとパニックになってしまいます。
2009年の大雪  さて、この写真は何かわかりますか。
                 (クリックすると拡大)
 そう、わが家の前に停めてある宣伝カーが雪にすっぽり覆われた姿です。
 昨日までは立派な雄姿を見せていたのですが、一晩で影も形も見えなくなってしまいました。掘り出すのがたいへんです。
 この雪で交通機関がかなり乱れています。また、高齢者世帯を中心に、「自宅周辺の除雪がたいへん」という方も多いと思います。市でも相当の施策を実施していますが、どれだけやっても十分ということはないだけに、今後のますますの改善が求められています。皆さんの声を基に、制度改善に力を尽くしていきたいと思います。
 とはいえ、いまはただくれぐれも事故のないように祈るのみです。

コメント

非公開コメント

ひららぎ哲也

 27年間の私立高校教員を経て、日本共産党の上越市議会議員になりました。
 学校での教育実践のモットーは「一人ひとりを大切に」。学校の枠を超えて、若者が夢と希望を語れるような上越市を作ろうと、市政改革に挑んでいます。
 明るい街作りは暮らし応援の市政から。市民が主役の上越市政に挑む「ひららぎ哲也」に大きなご支援を!