これからが本番、いよいよがんばります

活動日誌
05 /05 2008
 このたびは、公の席で発言できるチャンスを得ることができました。
 寄せられた一票一票にこめられた願いに応え、皆様の命と暮らしを守る公約実現に全力でがんばります。
<元気に街頭宣伝を開始>
 後期高齢者医療制度は「廃止」を! 子ども医療費を中学卒業まで無料に! など、公約実現に向けて、さっそく4月28日から街頭での宣伝を開始。「27年間の教員経験を生かし、現場に即して暮らし改善に全力つくす」などを訴えました。
 また、5月3日には、憲法記念日にあたり、恒久平和を定めた9条だけでなく、格差と貧困の広がりの中で生存権を定めた25条や、ワーキングプアに象徴されるひどい働かせ方が広がる中で勤労の権利を認めた27条など、いろいろな局面で憲法の価値が浮き彫りになっていることを、街頭から訴えました。

コメント

非公開コメント

ひららぎ哲也

 27年間の私立高校教員を経て、日本共産党の上越市議会議員になりました。
 学校での教育実践のモットーは「一人ひとりを大切に」。学校の枠を超えて、若者が夢と希望を語れるような上越市を作ろうと、市政改革に挑んでいます。
 明るい街作りは暮らし応援の市政から。市民が主役の上越市政に挑む「ひららぎ哲也」に大きなご支援を!