お久しぶりです

活動日誌
09 /01 2009
 総選挙での忙しさにかまけて、かなり長い間更新を怠っておりました。申し訳ございません。
 総選挙の結果は、自公政治にはっきり「ノー」の審判を下した国民の意思が表れたものであると思います。残念なことに、その思いが、「消費税増税をストップするのはどの政党か」「大企業・財界ではなく、国民の立場に立った政党はどこか」という形に表れなかったことですが、少なくとも「国民の思いが集まれば政治は変えられる」ことを示したものであり、大きな意味を持つものと思います。
 さて、市議会は昨日から9月定例会が始まりました。
 市長の提案に続いて、各党派からの総括質疑が始まりました。
 その後、明日からの常任委員会に向けて、樋口さんの助言を受けながら、決算資料の精査に取り組んでいます。
 かなりの量の資料でもあり、寝る暇を惜しんでの作業ですが、市民生活に直結することでもあり、洩れ落ちのないようにがんばります。
 ところで、町内のゴミ集積所の管理当番が昨日からわが家になりました。ゴミ出しの時間帯の立ち会いがなかなかたいへんで、気も遣いますが、集団生活を営む上での大切なこと。今週いっぱいがんばりたいと思います。

コメント

非公開コメント

ひららぎ哲也

 27年間の私立高校教員を経て、日本共産党の上越市議会議員になりました。
 学校での教育実践のモットーは「一人ひとりを大切に」。学校の枠を超えて、若者が夢と希望を語れるような上越市を作ろうと、市政改革に挑んでいます。
 明るい街作りは暮らし応援の市政から。市民が主役の上越市政に挑む「ひららぎ哲也」に大きなご支援を!