消防点検

活動日誌
07 /06 2009
 今日、といっても日付が変わったので正確には昨日、市の消防点検がありました。消防団の皆さんが一堂に会して、日頃の訓練の成果を披露する競技会も同時開催です。
 中心はポンプ車(消防車)や小型ポンプの操法競技です。どのチームもきびきびと動き、ミスもなく放水までの操作をこなしておられ、日頃の厳しい訓練を彷彿とさせます。素人の目にはチームごとの差も無く、どの皆さんもすばらしい動きに見えますが、細かい点検項目もあり、その結果として順位もつけられます。聞きますと、安全・確実に消火活動をするためのいくつかのポイントがあり、そのポイントに沿った動きからそれると減点の対象になるともことでした。スポーツや芸術ではありませんから、単純な速さや美しさを競うのではないことはわかりますが、説明されると、安全・確実という視点での競技であることになるほどと感じ入りました。
 それにしても、日頃ご自分の仕事の合間に時間を見つけて訓練に参加したり、ときとして実際に出動したりと、消防団員の皆さんの献身的な働きには感動します。このところの経済危機の中で、職場によっては消防団活動への理解にもかなりの温度差がある中での活動ですから、なおさらです。まず、経済危機を打開し、こうした献身的活動にも心配なく参加できるようにすることが必要であると感じました。
20090705135838.jpg

09消防点検2

コメント

非公開コメント

ひららぎ哲也

 27年間の私立高校教員を経て、日本共産党の上越市議会議員になりました。
 学校での教育実践のモットーは「一人ひとりを大切に」。学校の枠を超えて、若者が夢と希望を語れるような上越市を作ろうと、市政改革に挑んでいます。
 明るい街作りは暮らし応援の市政から。市民が主役の上越市政に挑む「ひららぎ哲也」に大きなご支援を!