宮崎陽さんの干支の絵

活動日誌
04 /29 2009
 わが家では一室を議員活動の事務室に改造していますが、その壁にご覧のような干支の絵が飾ってあります。上越民主商工会会長の宮崎陽さん作成の干支の作品です。
miyazakiyou2
ご覧の新潟日報の記事にもあるように、30年来の連作で、毎年の楽しみになっています。昨年のネズミの絵も味のあるものでしたが、今年の牛もしっかりしたものです。
 シルクスクリーンは作品の意匠だけでなく、印刷技術の高さも求められます。素人なのでよくわかりませんが、見る人が見るとかなりの水準の印刷技術だとか。
 ぜひともずっと続けていってほしいものです。
miyazakiyou1 ← クリック

コメント

非公開コメント

ひららぎ哲也

 27年間の私立高校教員を経て、日本共産党の上越市議会議員になりました。
 学校での教育実践のモットーは「一人ひとりを大切に」。学校の枠を超えて、若者が夢と希望を語れるような上越市を作ろうと、市政改革に挑んでいます。
 明るい街作りは暮らし応援の市政から。市民が主役の上越市政に挑む「ひららぎ哲也」に大きなご支援を!