後援会新春のつどい盛大に

活動日誌
02 /09 2009
 昨日は高田地区後援会の新春のつどいでした。50名以上の参加で盛り上がり、予定時間をかなりオーバーする会でした。
 アトラクションも多彩かつ文化的で、裾野の広がりがかいま見えた機会でした。
 私は前半で映像を使って簡単な市政報告をさせていただきました。他にもたくさんの方に内容の濃い話をしていただき、総選挙勝利への決意をあらためて確認できました。
2009新春のつどい

 さて、このところ体調がうまくありません。考えてみると、毎日のように夜更かしをしていること、食事の時間がかなり不規則なこと、運動らしい運動をしていないことなど、体に悪いことばかりしていますから、当たり前といえば当たり前でしょう。
 自分の健康管理も仕事のうちという自覚が足りず、不規則な生活を続けていることになっているようです。これではいけないと思いつつ、こなす仕事よりも新たに出てくる仕事の方が多い現状に翻弄されています。仕事の整理と、体調管理をしっかりやって、一つ一つの仕事を確実にやり遂げていかなければ、市民の皆さんからの負託に応えることができるはずもありません。反省しきりです。
 数日前に今後の行動計画をかなり見直しました。数週間のジョブリストを再確認し、スケジュール表をかなり修正しました。(今のところアウトルックを使っています。セキュリティの問題で心配なのですが、ドコモの携帯電話にデータをエクスポートさせるためのアウトルックです。ほかにうまいフリーソフトがあれば是非ご紹介いただきたいところです。)相当に先まで日程が埋まっていて、急な仕事が入れば即パニックという状態です。落ち着いて整理してもこの状態ですので、先が思いやられます。(泣)

コメント

非公開コメント

ひららぎ哲也

 27年間の私立高校教員を経て、日本共産党の上越市議会議員になりました。
 学校での教育実践のモットーは「一人ひとりを大切に」。学校の枠を超えて、若者が夢と希望を語れるような上越市を作ろうと、市政改革に挑んでいます。
 明るい街作りは暮らし応援の市政から。市民が主役の上越市政に挑む「ひららぎ哲也」に大きなご支援を!