高齢者外出支援事業

活動日誌
05 /09 2017
 市では、「高齢者のみなさんの外出手段の確保を図り、とじこもりなどによる体力低下や認知症を防ぐ」ことを目的に、タクシー券を配布しています。
 対象がかなり限られていることなど、いくつかの制限もありますが、対象になったみなさんには大変喜ばれています。
 その支給方法ですが、これまでは、対象が「市民背所得割の非課税世帯の人」となっていることから、「前年度の税額が決まらないと、配布できない」として、年度途中の8月分からの配布でした。ところが、市の予算の執行はあくまで単年度主義ということで、3月の年度末でいったん区切られます。つまり、「4~7月分は3月末に、8~3月分は7月末に配布する」という仕組みです。
 実際にはタクシーを使いたいのは、出歩きにくい冬場です。春から夏にかけての季候の良い時分には自分の足で出かけたいというのが自然な感情です。そこで、春~秋の分を冬にまとめて使うという具合にしたいところなのですが、このように2回に分けての配布では、4~7月分の券は冬場には回せません。「たいへん不便だ。何とかしてほしい」という声がたくさん寄せられていました。
 昨年、担当委員会でこの件を何度か取り上げ、担当課にも直接要望を行ってきました。
 その結果、下の資料(3月議会の資料)の通り、8月から翌年7月までの分をまとめて1年分配布するというように改善されました。これで、1年分を冬に集中して使うというような工夫もできるようになりました。
 今度の分は、7月末に配布されます。1年分です。お楽しみに。
 なお、このこととともに、妙高市内のタクシーも使えるようになりました。

20170509a

ひららぎ哲也

 27年間の私立高校教員を経て、日本共産党の上越市議会議員になりました。
 学校での教育実践のモットーは「一人ひとりを大切に」。学校の枠を超えて、若者が夢と希望を語れるような上越市を作ろうと、市政改革に挑んでいます。
 明るい街作りは暮らし応援の市政から。市民が主役の上越市政に挑む「ひららぎ哲也」に大きなご支援を!