本音が見える南スーダンへの姿勢

活動日誌
08 /25 2016
 安倍政権は、戦争法制の具現化を自衛隊の南スーダン派遣でどこまでも図ろうと、なりふり構わないやり方をしています。
 南スーダンは、下の論文にもある通り、まさに戦闘状態の真っ最中。最後にある通り、「現実に目を閉ざし、事態を自衛隊の海外派兵拡大の『演習』であるかのように捉えている」のが安倍政権の姿勢です。命をかけている自衛隊員にとっても、現地の住民にとっても、これほど不幸なことはありません。
20160825a
スポンサーサイト

ひららぎ哲也

 27年間の私立高校教員を経て、日本共産党の上越市議会議員になりました。
 学校での教育実践のモットーは「一人ひとりを大切に」。学校の枠を超えて、若者が夢と希望を語れるような上越市を作ろうと、市政改革に挑んでいます。
 明るい街作りは暮らし応援の市政から。市民が主役の上越市政に挑む「ひららぎ哲也」に大きなご支援を!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。