新クリーンセンター工事開始

活動日誌
07 /24 2015
東中島に建設される新クリーンセンターの工事が始まりました。
 新クリーンセンターは、現在の第2クリーンセンターの西側に建設されます。
 6月1日に本格着工した工事は、現在地盤改良の工事の真っ最中で、どでかいくい打ち機で次々に杭を打ち込んでいます。表面の軟弱地盤がかなり深いため、杭はなんと60mの深さまで打ち込むとのこと。1本15mのPC杭を4本つないで打ち込むのだそうです。その杭の数も半端ではありません。総数なんと157本。23日現在、そのうち50本ほどを打ち込んだとのことでした。
 ところで、この新クリーンセンターはDBO方式、つまり、民間業者に設計も工事もその後の運営も任せるという方式です。入札の結果、日立造船(株)に任せることになりましたので、同社で工事の施工も行っています。それなりの専門業者ですから、そつのないように行っているとは思いますが、本来クリーンセンターのような純粋に公共の施設は、行政が責任を持ってすべて行うのがスジというもの。市民生活に欠くことのできない施設は、何があってもきちんと責任をとれる行政が、自らの手で建設し、運営すべきです。
 また、民間業者は利益を追求することが存在目的ですから、営業の縮小につながる「ゴミの減量化」ということとは相容れません。これからの社会で、ゴミをもっと増やせという事になっては大変です。

20150724c

20150724b

20150724a

ひららぎ哲也

 27年間の私立高校教員を経て、日本共産党の上越市議会議員になりました。
 学校での教育実践のモットーは「一人ひとりを大切に」。学校の枠を超えて、若者が夢と希望を語れるような上越市を作ろうと、市政改革に挑んでいます。
 明るい街作りは暮らし応援の市政から。市民が主役の上越市政に挑む「ひららぎ哲也」に大きなご支援を!