釜蓋遺跡

活動日誌
05 /29 2013
 今日は北陸新幹線建設促進まちづくり協議会の総会です。この総会の内容の実質的な主眼は、新幹線の工事や新駅周辺整備、釜蓋遺跡整備の進捗状況を、関係する地域の住民のみなさんで確認し、共有することで、今日も各担当から詳しい説明がありました。
 特に、釜蓋遺跡の整備では、「平成27年の遺跡の姿」がイメージ図として示されました。遺跡はこれからもかなり長い期間にわたって発掘が継続されるため、予定地の多くは自然のまま残される予定です。北側や東側に施設などを配置し、発掘状況を学んだり、体験したりできるようになる計画です。
 子どもたちのみならず、大人にとっても、はるか古代の先人に思いを馳せる施設になればと感じた次第です。
20130528a
スポンサーサイト

ひららぎ哲也

 27年間の私立高校教員を経て、日本共産党の上越市議会議員になりました。
 学校での教育実践のモットーは「一人ひとりを大切に」。学校の枠を超えて、若者が夢と希望を語れるような上越市を作ろうと、市政改革に挑んでいます。
 明るい街作りは暮らし応援の市政から。市民が主役の上越市政に挑む「ひららぎ哲也」に大きなご支援を!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。