妙高市で子ども医療費助成前進

活動日誌
06 /20 2010
 妙高市ではこのほど、子ども医療費助成拡充を計画し、補正予算を議会に提案しました。
 このたびの拡充の内容は、通院で小学校卒業まで、入院は中学校卒業までを9月から無料にするというもので、この春の上越市の改善の一歩先をゆくものとなっています。
 子ども医療費助成は多くの市民から拡充の要望が出されており、緊急の課題となっています。上越市では3年連続で少しずつ改善が図られていますが、現在のところ、通院で小学校3年生までの無料化などにとどまっています。さらなる改善が求められます。

ひららぎ哲也

 27年間の私立高校教員を経て、日本共産党の上越市議会議員になりました。
 学校での教育実践のモットーは「一人ひとりを大切に」。学校の枠を超えて、若者が夢と希望を語れるような上越市を作ろうと、市政改革に挑んでいます。
 明るい街作りは暮らし応援の市政から。市民が主役の上越市政に挑む「ひららぎ哲也」に大きなご支援を!